過去のお知らせ

第2回スポーツ仲裁シンポジウム


文部科学省法科大学院形成支援プログラム
-仲裁・ADR・交渉の研究と実践-

開会の辞
瀧澤 正(上智大学法科大学院院長)

「スポーツ仲裁機構とは」
道垣内 正人(日本スポーツ仲裁機構機構長)

スポーツ仲裁シンポジウムの目的と意義  

第1セッション「アンチ・ドーピングの現在」/パネリスト
長﨑 宏子(モスクワ・ロサンゼルス・ソウル五輪日本代表)
為未  大(シドニー・アテネ五輪日本代表)
浅川  伸((財)日本アンチ・ドーピング機構事務局次長)
川原  貴(国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部部長)
小幡 純子(上智大学教授)
安松 幹展(立教大学助教授)

第1部 アンチ・ドーピングの現在 1  
第1部 アンチ・ドーピングの現在 2  

第2セッション「スポーツ団体のガバナンス」/パネリスト
荻原 健司(参議院議員、アルベールビル・リレハンメル五輪金メダリスト)
早田 幸次((財)日本体操協会副会長、東京・メキシコ五輪金メダリスト)
鈴木  寺(上智大学教授)
松尾 哲矢(立教大学教授)
早川 吉尚(立教大学教授)

第2部 スポーツ団体のガバナンス 1  
第2部 スポーツ団体のガバナンス 2  

閉会の辞
道垣内 正人(日本スポーツ仲裁機構機構長)

閉会の辞  



主催
上智大学法科大学院

協力
日本スポーツ仲裁機構
立教大学ビジネスロー研究所
立教大学ウエルネス研究所

  後援
財団法人 日本オリンピック委員会
財団法人 日本体育協会
財団法人 日本障害者スポーツ協会
財団法人 日本アンチ・ドーピング機構
日本オリンピアンズ協会
日本スポーツ法学会


©2003-2017 Japan Sports Arbitration Agency  107-0061 東京都港区北青山2-8-35