ドーピング仲裁研究委員会・ワーキンググループ(WG)

ドーピング紛争に関する仲裁判例を研究するために設置された委員会である。また、WGは実際に判例研究を行う予定である。
研究報告書

研究報告書 『2015 年 Code 下 における CAS 仲裁判断集』(PDF)

※本研究報告書は、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構が公表したものへのリンクです。

ドーピング仲裁判断研究会 研究報告書『2015年版Code下における「意図的」概念と体内侵入経路の関係』2017年3月(PDF)

※本研究報告書は、当機構事務局が依頼したドーピング仲裁判断研究会の会員を中心に行われた研究の成果を取りまとめたものです。

平成26年度ドーピング紛争仲裁に関する調査研究
研究報告書『解説』2015年3月(PDF)
平成25年度ドーピング紛争仲裁に関する調査研究
研究報告書『加重事情を巡る仲裁判断例の統一性の喪失』2014年3月(PDF)
平成24年度ドーピング紛争仲裁に関する調査研究
研究報告書『サプリメントを巡る仲裁判断例の分裂』2013年3月(PDF)
平成22年度文部科学省委託事業 ドーピング紛争仲裁に関する調査研究
研究報告書『ドーピング関連仲裁判断評釈集』 2011年3月(PDF)
平成21年度文部科学省委託事業 ドーピング紛争仲裁に関する調査研究
研究報告書『ドーピング関連仲裁判断評釈・関連規定集』 2010年3月(PDF)
平成20年度文部科学省委託事業 ドーピング紛争仲裁に関する調査研究
研究報告書『ドーピング関連仲裁判断評釈・関連規定集』 2009年3月(PDF)

©2003-2021 Japan Sports Arbitration Agency  〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 9階 905

個人情報保護方針