スポーツ法・スポーツ仲裁法資料

 

※リンク先は新しいウィンドウで開きます。

 
論文・著書等
I. スポーツ仲裁法関連
1.論文・著書等
題名 著者 所収・年度  
『詳解スポーツ基本法』
第Ⅴ編紛争解決
第2章スポーツ調停
竹之下 義弘 編集 日本スポーツ法学会
株式会社成文堂[2011年12月]
『詳解スポーツ基本法』
第Ⅴ編紛争解決
第1章スポーツ仲裁
道垣内 正人 編集 日本スポーツ法学会
株式会社成文堂[2011年12月]
仲裁・ADRとガバナンス 道垣内 正人 日本仲裁人協会会報 第8号[2011年8月]
スポーツ仲裁機構と行政法理論 南川 和宣 修道法学 第28巻 第2号[2006]
スポーツ法への招待 道垣内正人・
早川吉尚(編著)
ミネルヴァ書房[2011]  
Sports Disputes Resolution in Japan -The activity and role of Japan Sports Arbitration Agency- Kazushige Ogawa JCAA Newsletter Number 24 P.5-8 [2010]
上訴と仲裁 - ドーピング紛争の争訟性 - 上柳 敏郎 日本スポーツ法学会年報第16号42頁[2009]
JSAA-AP-2006-001仲裁判断について 川添 丈 日本スポーツ法学会年報第16号192頁[2009]
日本スポーツ仲裁機構とその活動 道垣内 正人 日本スポーツ法学会年報第15号7頁[2008]
スポーツ仲裁・調停になじむ紛争なじまない紛争 辻口 信良 日本スポーツ法学会年報第15号57頁[2008]
わが国におけるスポーツ仲裁・調停の課題 森 浩寿 日本スポーツ法学会年報第15号74頁[2008]
ドーピング違反の事実認定について 神谷 宗之介 日本スポーツ法学会年報第15号99頁[2008]
スポーツ審判の法的問題に関する研究 吉田 勝光 日本スポーツ法学会年報第15号109頁[2008]
日本スポーツ仲裁機構2005年5月6日JSAA-AP-2005-001仲裁判断について 桂 充弘 日本スポーツ法学会年報第15号228頁[2008]
日本におけるスポーツ法の現況と課題 菅原 哲朗 日本スポーツ法学会年報第14号125頁[2007]
オリンピック日本代表選出における紛争とADR制度 八木 由里 日本スポーツ法学会年報第14号152頁[2007]
スポーツ仲裁をめぐる若干の論点 道垣内 正人 仲裁とADR 3号79-88頁[2008]
日本スポーツ仲裁機構(JSAA)の仲裁・調停とADR認証の取得 道垣内 正人 月刊日本行政2008年7月428号1頁
スポーツ紛争と解決手段 水戸 重之 自由と正義58巻2号15頁
日本スポーツ仲裁機構の活動 道垣内 正人 自由と正義58巻2号28頁
スポーツ仲裁における代理人活動 八木 由里 自由と正義58巻2号39頁
スポーツ仲裁の活用を 桂 充弘 自由と正義58巻2号46頁
国際スポーツ仲裁に関わって12年 小田 滋

神谷 宗之介

法の支配147号19頁
スポーツ法学 川添 丈 第一東京弁護士會會報2008.1.1
418号4頁
日本スポーツ仲裁機構2003年3号判断について 笠井 修 日本スポーツ法学会年報第12号152頁[2005]
スポーツと法─競技会主催者と参加者の法的責任─ 菅原哲朗 学術の動向2006年10月号18-23頁[2006]  
 
スポーツ仲裁のさらなる発展に向けて 滝澤正
道垣内正人
岩田浩
志田健太郎
山口亮
Kaz Fujihara
小幡純子
小川和茂
森下哲朗
上智大学法科大学院
The Activities of the Japan, Sports Arbitration Agency Masato Dogauchi in IAN BLACKSHAW/ROBERT SIEKMANN/JANWILLEM SOEK, THE COURT OF ARBITRATION FOR SPORT 1984-2004 (T.M.C.Asser Press, 2006), pp.300-312
スポーツ法 神谷宗之介 三省堂[2005]
 
スポーツ仲裁に関する経験的雑感 -日本スポーツ仲裁機構の第1号事件の仲裁人として- 萩原 金美 日本スポーツ法学会年報第11号118頁[2004]  
導入対話による
スポーツ法学
小笠原正(監修)
井上洋一
小笠原正
川井圭司
齋藤健司
諏訪信夫
濱野吉生
森浩寿(著者)
不磨書房[2005]
 
スポーツ法危機管理学 菅原 哲朗 エイデル研究所[2005]  
 
スポーツ仲裁機構2号事件について 大川 宏 日本スポーツ法学会年報第11号124頁[2004]  
スポーツ仲裁に関する経験的雑感 -日本スポーツ仲裁機構の第1号事件の仲裁人として- 萩原 金美 日本スポーツ法学会年報第11号118頁[2004]  
寄稿 日本スポーツ仲裁機構 菅原 哲朗
川井 圭司
大川 宏
自由と正義55巻2号50頁[2004]  
プロスポーツ選手の法的地位 川井 圭司 成文堂[2003]
 
日本スポーツ仲裁機構(JSAA) 道垣内 正人 法学教室276号2-3頁[2003]
日本におけるスポーツ仲裁制度の設計-日本スポーツ仲裁機構(JSAA)発足にあたって 道垣内 正人 ジュリスト1249号2-5頁[2003]
日本スポーツ仲裁機構が活動開始 道垣内 正人 OLYMPIAN2003年7月号8-9頁[2003]  
スポーツ仲裁裁判所 小寺 彰 法学教室212号2-3頁[1998]  
長野オリンピックにおけるスポーツ関連紛争の解決 -スポーツ仲裁について- 小田 滋 ジュリスト1127号94-102頁[1998]
2.判例紹介・判例批評
題名 対象事件/著者 所収・年度  
事件名:理事会決議無効確認請求事件
裁判内容:訴え却下
東京地裁平3(ワ)第11943号 平成4年6月4日民事第5部判決
事件名:罰則取消等請求事件
裁判内容:訴え一部却下・一部棄却
東京地裁平5(ワ)第18417号 平成6年8月25日民事第5部判決
事件名:馬主登録申請拒否処分取消請求事件
裁判内容:処分取消し
東京地裁平8(行ウ)第283号 平成10年2月27日民事第2部判決
事件名:理事会決議無効確認等請求事件
裁判内容:訴え却下・確定
東京地裁平22(ワ)第7705号 平成22年12月1日民事第5部判決
スポーツ仲裁と裁判所: Lindland v. U.S. of Amer. Wrestling Ass'n, 230 F.3d 1036 (7th Cir. 2000) - オリンピックへのレスリング・アメリカ代表選考のための試合に敗れた選手からの申立てにより、レスリング協会に再試合を命じた仲裁判断の執行を認めた事例- 道垣内 正人 アメリカ法2003-1号90-93頁[2003]
3.文献紹介
題名 著者 所収・年度  
仲裁文献紹介(53) 早川 吉尚 JCAジャーナル第45巻4号50-51頁[1998]
仲裁文献紹介(115) 早川 吉尚 JCAジャーナル第50巻6号72-73頁[2003]  
II. スポーツ法関連文献
題名 著者等  
日本スポーツ法学会年報 日本スポーツ法学会編 [1994-]  
必携 スポーツ関係六法 日本スポーツ学会 監修 [2009] 道和書院  
スポーツ六法 小笠原正・塩野宏・松尾浩也編集代表 [2009] 信山社  

スポーツ仲裁法・スポーツ法に関する文献について情報をお持ちでしたらinfo@jsaa.jpまでご連絡をいただければ幸いです。

©2003-2016 Japan Sports Arbitration Agency  150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場内