第16回スポーツ仲裁シンポジウム



2020年東京オリ・パラ大会に関連するスポーツ関連紛争とCASの役割

Court of Arbitration for Sport(CAS)事務局の責任者やCASの仲裁人経験者による講演

▼申込みが必要です。申込方法はこちらの WEBフォームから。

当日のパンフレット

日時
2020年2月10日(月)13:30~17:30

会場
虎ノ門ヒルズフォーラム

〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー

「虎ノ門駅」1番出口 徒歩約5分


テーマ
2020年東京オリ・パラ大会に関連するスポーツ関連紛争とCASの役割

 

講師・パネリスト
Ulrich Haas氏(チューリヒ大学教授、CAS仲裁人)
Michael Lenard氏(ICAS Vice President)
Brent Nowicki氏(CAS Managing Counsel、Head of Anti-Doping Division)

室伏 由佳氏(女子ハンマー投げ日本記録保持者、順天堂大学スポーツ健康科学部講師、株式会社attainment代表取締役)


シンポジウム概要

13時30分  開会のあいさつ
13時45分  第一部 スピーカーによる講演

スピーチ1:CASの歴史、概要、五輪時の活動、プロボノ弁護士について

      Michael Lenard氏

スピーチ2:CASアドホック部(AHD)について

      Ulrich Haas氏

スピーチ3:CASアンチ・ドーピング部(ADD)について
      Brent Nowicki氏
16時00分  休憩
16時10分  パネルディスカッション/Q&A

テーマ:2020年オリ・パラ大会をめぐるトラブルとその予防・解決について
パネリスト Michael Lenard氏
      Brent Nowicki氏
      Ulrich Haas氏
      室伏由佳氏

コーディネーター 早川吉尚氏
17時20分  閉会のあいさつ
(講演内容・講演者・スケジュールなどは変更する場合がございます。)


募集人数200名(申込み順)

参加費無料手話通訳

申込方法専用の「WEB申込みページ」に、お名前やご連絡先等の必要事項を記入・送信してください。後日、招待状(メール)をお送りいたしますので当日忘れずにお持ちください。

問合わせ先公益財団法人日本スポーツ仲裁機構事務局 電話:03-6812-9257(平日10:00~17:00)

WEB申込み  

主催公益財団法人日本スポーツ仲裁機構

特別後援一般社団法人日本国際紛争解決センター

後援スポーツ庁、法務省、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、一般財団法人日本ADR協会、一般社団法人日本オリンピアンズ協会、一般社団法人日本パラリンピアンズ協会、日本スポーツ法学会

協賛公益財団法人ミズノスポーツ振興財団、アシックスジャパン株式会社、デサントジャパン株式会社

協力立教大学ビジネスロー研究所、立教大学ウエルネス研究所、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

以上



スポーツ振興くじ助成事業 SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー



©2003-2020 Japan Sports Arbitration Agency  〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 9階 905